働き方次第で収入がアップする介護職

介護の仕事は給料が安いと言われることがあるが、実はそんなことはない。
もちろん介護資格が無資格の人や業界未経験者がいきなり高い給料をもらえることはないが、それはどの業界でも同じことである。
介護職の魅力の一つに、誰でも平等にキャリアアップができるという点がある。
これは学歴や職歴などに関係なく、新規参入者でも努力次第でキャリアアップができるチャンスがあるという事だ。
介護職でキャリアアップをするには介護の資格取得する必要があり、一番取得難易度の高いケアマネジャー資格でも実務経験を積み試験をパスすることで誰でも取得可能だ。
ケアマネジャーになるとできる仕事の範囲が大幅に広がり、基本給アップはもちろんのこと、資格手当や役職手当などの各種手当の付与も期待できる。
一般的には給料が安いとされている介護職だが、キャリアや努力次第では着実に収入を増やすことも可能なのだ。
さらに、キャリアアップをすること以外にも介護職としてしっかりと収入を増やす方法はあり、それが夜勤専従と呼ばれる働き方で働く方法だ。
夜勤専従とは入居型介護施設の夜勤専門スタッフとして働いたり、夜間訪問介護スタッフとして働く方法だ。
介護職の夜勤勤務は時給が高く、さらに夜勤手当が付与される。
夜勤専従の場合はすくない勤務日数でもしっかりと給料をもらうことができ、さらに資格を取得していれば追加で手当てが付与される可能性もある。
介護業界でのキャリアパスや資格、さらに働き方を理解しておけば、介護職でも収入を増やすことは可能になるのだ。